ADHD

【レビュー】ADHD本の、おすすめ集!

中学時代、読書と言って勉強せずにラノベめっちゃ読んでました。

どうも、すばるです。

因みに、当時ハマっていたラノベは「僕は友達が少ない」です。

まあ、実際に当時も今も僕は友達が少ないです。

さて、僕はADHDなのですがADHDに対する知識が疎いです。

自分がどういう発達障害なのかを知らないのは、不便もあるし問題だなと思いまして。

本でも読んで勉強しようと思ったのがここ最近のお話です。

ご紹介する本は実際に読んだ本のみと致します。

大人のADHD-もっとも身近な発達障害-

大人のADHDは、どういう本?

この本は、ADHDがどういう発達障害かを知れる本です。

何故、大人になってから問題が発覚したのかがよくわかります。

他の人の症状ADHD発覚の経緯などが詳しく書かれていて、

大変参考になる本です。

ただ、どうしたら症状が抑えられるか、生活が苦から楽になるかなど。

ADHDの人がどうすればいいのかはわかりづらいかもしれません。

治療についても詳しく書かれていますが、再現性はあまり高くないと思いました。

それと、2015年出版と古い本です。

投薬治療でインチュニブのお話が一切無いです。

ご注意を。

大人のADHDは、こんな人にオススメ!

・ADHDを全く知らない人。

・ADHDについて知識を深めたい人。

・ADHDの症状を詳しく知りたい人。

大人のADHD: もっとも身近な発達障害 (ちくま新書)

ADHD本の特集、まとめ!

この記事は、僕がADHD関連の本を読む度に更新します。

1日に3冊や5冊と読めればいいのですが、どうも集中力が続かないで困っております。

読破次第、すぐに記事更新します。

みなさまのお探しの本が見つかりますように。

それでは!!!

See you tomorrow!!

最終更新:2020/07/09

下のボタンを押して、応援お願いします!