ADHD

【あの有名人も!?】結論:ADHDでも成功者になれます。

ADHDの特有の症状で、困っているあなた。

不注意で仕事はミスばかり、ついしてしまう衝動買いで貯金もできない。

仕事もうまくいかず、満足に日常生活も送ることができないのに、

このタイトルを見ても、

「どうせ、成功できるわけがない。」

そう、思っていませんか?

本当にADHDだと成功できないのでしょうか?

今回は、過去の偉人たちを例にADHDでも成功できることを例をあげて説明していきたいと思います。

過去の偉人にADHDが多い事実。

過去の偉人には、ADHDだったと言われている人が多数存在します。

今回は、3つの例をあげて、お話します。

発明家 トーマス・エジソン

トーマス・エジソンは、アメリカ生まれの偉大な発明家です。

みなさんもご存じですよね?

そんな、エジソンはADHDだったと言われています。

子どものことは、とにかく好奇心旺盛で授業中に疑問に思うことがあると「何故?」を連発していたそうです。

逸話としては、1+1=2だと教えているのに、「1個の粘土と1個の粘土を合わせたら、大きな1個の粘土なのになぜ2個なのか?」と質問していました。

好奇心旺盛だと、様々なことに挑戦でき、たくさんの経験ができます。

その強い好奇心を活かすことができると成功へと近づけますね!

音楽家 モーツァルト

モーツァルトは、幼いころから多動性、衝動性が強くADHDと言われていました。

また、音楽という特定のものへの強い拘りがあります。

逸話では、オペラ作曲に必要なイタリア語をイタリアを旅している中でマスターしてしまったと言われています。

特定のものへの拘りは、自分が何かを極めたいと思ったものに本領を発揮します。

もし、極めたいものが見つかったのなら、その道のプロとして成功できる可能性が出てくるでしょう。

日本史人物 坂本龍馬

坂本龍馬は、不注意優勢のADHDだったと言われています。

剣術は、過度に集中してしまうのに対して、他人の話は聞かずによく居眠りしていたそうです。

また、幼少期では周囲とのコミュニケーションがうまくとれず、いじめられよく泣いていたと言われています。

勉学も苦手で、成績は悪かったそうです。

最後に・・・

いかがでしたか?

過去の偉人にもADHDがいて、その人たちは成功してきました。

彼らは、自分がコントロールできる環境下でうまく自分の強みを活かしてきたんです。

それに、現代の有名人にもADHDで成功している方はいらっしゃいます。

ビジネスyoutuberのまこなり社長。

ファッションモデルの栗原類さん。

ハリウッド俳優のウィル・スミスさん。

彼らはADHDだと認めています。

だから、自分が輝ける環境であればADHDだろうが成功できるんです。

みなさんも、ADHDの特性を活かして成功の道へ歩みましょう!!!

下のボタンを押して、応援お願いします!