おすすめ

【三種の神器】ドラム式洗濯機を買って思った、メリットとデメリット!

家事で一番好きなのは、家電を選ぶことです←

どうも、すばるです。

我が家にも、とうとうやってきました。

ドラム式乾燥洗濯機!!!

めちゃくちゃ良いですよ、これ。

因みに買った機種は、

「 シャープ ES-H10D-WL 」

というものです。

ここ、最近の記事はメリットばかりしかお伝えできていなかったので、

今回は、メリットとデメリットにわけてレビューしていきたいと思います!

まずは、メリットから!

1、衣類が乾燥できる。

何をとっても、まずはこれ。

洗濯機の中に汚れた衣類を入れ、洗剤を入れ。

2時間ちょっと待てば、お洋服がふわっふわになっています。

そう乾燥機能を使えば、洋服を干す作業がなくなるのです。

これは、実際に体験してみると感動して笑っちゃいますね。

僕は、大声で笑ってはしゃぎました。

2、洗濯物を取り出すのが簡単。

縦置きと比べたら天と地の差

めちゃくちゃ取り出しやすいです。

縦置きは、洗濯槽の奥底から引っ張り出す感じがありましたけど、

ドラム式は、ホイホイ取り出せます。

最初は、洗濯口が低いんで腰とか痛めるかなとか思っていました。

でも、しゃがめば問題ありませんでした。

3、洗浄力が強力。

これも、今まで使ってたものと比べたら差は歴然ですね。

試しに、汚いお風呂マットを洗濯したんですが、

めちゃくちゃ綺麗になって出てきました。

もう、何年も洗っていなかったんですがね・・・

泥汚れ、頑固な食べ汚し程度なら、簡単に汚れが落ちるでしょう。

4、音が静か。

以前使っていた洗濯機は、ガコンガコンとうるさかったですね。

しかし、このドラム洗濯機はかなり静か!

終わった時に鳴るブザーくらいですね、音が大きいなと思うことは。

流石に、無音ではないですよ。

特に乾燥している時は、ブォーンと音がします。

しかし、他の部屋にいたら気にならないでしょう。

次にデメリット!

1、買うにも使うにもお金がかかる。

まず、洗濯機本体が高いですよね。

縦置きは新品で4万円程度ですが、ドラム式は15万円前後はします。

めちゃくちゃ高いですよね。

それに、乾燥方法は、ヒーター式とヒートポンプ式の2種類があります。

我が家が買ったモデルはヒーター式の乾燥機能。

簡単にご説明すると、

ヒーター式は、乾燥機能が強力な分、電気代がかかる

ヒートポンプ式は、電気代を抑えている分、乾燥機能がヒーター式と比べて弱い

要するに、ランニングコストも高めだよということです。

僕は、衣類を干す手間と比べたら安い出費だと思います。

2、洗濯機の特性上、事故に繋がりやすい。

洗濯口が横に向いている為、小さなお子さんが誤って洗濯機の中に閉じ込められてしまう、なんていう事故が話題になったりしましたよね。

最悪、命を落としかねないですよね。

我が家は2歳の子と1歳の子がいます。

妻とルールを決め、必ずチャイルドロックをする、ということになりました。

これで、ある程度のリスクは防げますね。

3、衣類によっては、痛む。

強力な洗浄力、強力な乾燥機能。

当然、衣類にもダメージが大きいです。

僕は、痛んでしまうような服は持っていないですが、

妻のゆるふわの服なんかは縮んでしまうでしょう。

そういった場合は、多少手間ですが適切なコースに変えて洗濯することがよいでしょう。

4、乾燥フィルターの手入れが面倒。

これは、僕が面倒くさがり屋なだけでもありますが。

1回の乾燥でも結構な量のほこりが溜まるんですよね。

洗濯物を干す手間と比べたら、全然大したことではないのですが。

僕としては、半年くらいノーメンテが良かったですね。

最後に。

メリットとデメリット、それぞれお話しましたが、

僕は、デメリットを上回るほどのメリットがあると思います。

特に、一人暮らし、忙しい家庭はオススメですね。

逆に、洗濯物を干すのが趣味、日光で乾かしたい、家事をする時間がある、という方はかなり高い買い物なのでオススメはしません。

ただ、一度乾燥機能を味わった僕は、元に戻ることができません

それくらい、オススメです!

それでは!!!

See you tomorrow‼

下のボタンを押して、応援お願いします!