健康

【朝苦手】早起きしたいのにできない・・・早起きする秘訣3つ!

二度寝が大好きで、いつも寝坊していました。

どうも、すばるです。

早起きしたいのに、うまくいかないあなた!

どうしても、朝早くに起きれないあなた!!

僕も、同じように早起きが苦手でした。

ですが、早起きして朝活することには大きなメリットがあります。

・朝は1日の中で生産性が高い。

・高い集中力で作業ができる。

・朝という忙しい時間に余裕が生まれる。

などなど!

ていうか、メリットしかありません。

まず、社会人や学生の方であれば、遅刻をしなくなるでしょう。

ですが、朝が弱いと早起きするのは苦痛ですよね。

そこで、僕が実際に出社ギリギリ6時半に起きていた頃から

4時起きするまでどんなことをしたのかをお話していきたいと思います。

早起きの秘訣は、3つ!

結論として、

・まずは、無理に起きる。

・毎日、同じ時間に起きる。

・夜の生活に注意する。

です。

それぞれ解説していきます。

1、まずは、無理に起きる。

まずは、何が何でも無理に早く起きることです。

ここで注意したいのは、いきなり普段起きている時間から1時間も2時間も早くは起きないようにするということです。

単純に、寝不足になってしまいます。

最初は、15分でも30分でもいいのです。

同時に寝る時間も同じように早めていってください。

30分早く起きることに慣れたら、またその時間から30分早く起きれば良いのです。

最終的に、早起きする前と比べて大分早く起きることができるというわけです。

すばるの場合。

僕の場合、正直に言うと6時半からいきなり4時半に起きるようにしていました。

どんなに夜寝れなくても、4時半には体をベッドから引きずりおろしていました。

理由は、少し早く起きても二度寝してしまう甘さにありました。

案の定、早起き習慣を始めた最初の2,3日は寝不足で凄く辛かったです。

ですが、結果的に早起きの習慣を早い段階で作ることができたと思います。

今では、4時前に起き続けていることを、1ヵ月以上継続しています。

2、毎日、同じ時間に起きる。

休みの日の前は、夜更かししがちじゃないですか?

僕もそうでしたが、結果的に翌日寝坊してしまうんですよね。

それで、生活リズムが崩れていき早起きできないという負のループに陥ります。

それを解決するのが、毎日きちんと同じ時間に起きることです。

休みの日だからといって、寝坊してはいけません。

その日の夜やることは、翌日に持ち越せばいいのです。

何も、疲れている夜にやる必要はありません。

人の脳は、1日の終わりになるにつれて疲れが溜まっていきます。

そんな状態で、作業や勉強をしても身に付きません。

夜は、いつも通り寝て、休日の朝は、いつも通り起きる。

これを守れば生活リズムが崩れることはないでしょう。

すばるの場合。

これは、すんなりと出来た記憶が多いです。

が、早起きを始めて1週間くらいは夜更かししていた日もありました。

夜更かししようが、起きる時間になるとアラーム3つが起こしてくれるので、嫌でも起きていました。

今では、目覚ましが鳴る前に起きることもありますね。

3、夜の生活に注意する。

夜に、したほうがいいこと、避けたほうがいいことがそれぞれあります。

まず、寝る前にしたほうがいいことを説明します。

・湯船につかる。

39℃~40℃くらいのお湯に10~20分程度でいいです。

副交感神経が優位になり、入眠しやすくなります。

寝る1時間~1時間半前に入浴するのがベストでしょう。

・リラックスする時間を作る。

ストレッチや瞑想など、オススメです。

僕は、あずきのチカラを使いながら瞑想しています。

体の力を抜いてやると、リラックスできてグッスリ寝れます。

・明日やることをピックアップしておく。

明日やることが気になって眠れなくなるので、寝る前にメモをしておきます。

そうすれば、寝る前にあれやんなきゃとか思わずに、すんなり寝れます。

逆に、家事など単純作業は夜のうちに片付けてしまうほうがいいです。

朝にやると、せっかく脳が良い状態なのに勿体ないですからね。

といった具合です。

次に、寝る前にしてはいけないことです。

・スマホ、PCは弄らない。

寝る前の2時間前から画面を見ないほうがいいでしょう。

ブルーライトが原因で、睡眠ホルモンの分泌が悪くなってしまいます。

どうしても作業があるのであれば、ブルーライトカット眼鏡を利用するといいでしょう。

・アルコール、カフェインを摂取しない。

アルコールは、睡眠の質を下げて翌朝に悪影響を与えます。

量にもよりますが、缶ビール1本くらいならば寝る3時間前であれば飲んでも影響は出づらいでしょう。

カフェインは覚醒作用があるので絶対に摂取しないほうがいいです。

カフェインの場合、午後から摂取しないほうが良いと思います。

・脂質は控える。

油は、消化に悪いです。睡眠の質を下げてしまいます。

特に、揚げ物なんかは胃がもたれてしまいますよね。

夜に食べたい気持ちはわかりますが、なるべく控えたほうがいいでしょう。

すばるの場合。

どうしても、スマホを触りたくて今でも寝る前に触っていることがあります。

が、ブルーライトカット眼鏡をしていれば、あまり悪影響はでないですね。

ブルーライトカット眼鏡、オススメですよ。

最後に。

早起きは三文の徳なんていいますが、三文どころではなく1000万円以上の価値があると僕は思います。

年収1000万を越えている方は、早起きしている人が多いんです。

それは、朝起きてからが作業効率が良いことを彼らは知っているから行動するんです。

それだけ、効果的で生産性が高いということでもありますね。

僕は、早起きしてブログを書いていますが、午後や夕方と比べても

早朝のほうが捗りますね。

副業じゃなくても、筋トレや資格の勉強も朝にやるのがオススメです。

皆さんも、是非ご一緒に朝活やりましょう!!!

それでは!!!

See you tomorrow!!

下のボタンを押して、応援お願いします!